医療機器営業 年収アップ

医療機器営業職で年収アップする方法

医療機器営業職で年収アップする方法についてお伝えします。

医療機器営業として収入・給与アップを考えるには、以下の2パターンがありますね。

1.現在の会社で昇給する
2.転職して年収アップする

1は大幅な年収アップは難しいかもしれませんが、転職というリスクを取らずに収入を上げるには、現在勤めている医療機器メーカーで実績を出して昇給を狙う以外にありません。

そのためには、より高い売上数値を達成し続け、結果を認めてもらうことですね。

しかし今の会社で大きく年収アップするのは現実的ではありません。医療機器営業の業界に限らず、薬剤師や看護師などメディカル業界全体の傾向として、年収アップを叶えるには転職するのが最も効率的です。

転職にはリスクが伴いますが、それは優先順位によっても変わります。

たとえば収入・年収アップのプライオリティーが高い場合、多少会社の雰囲気が悪くても我慢できるのではないでしょうか。

取り扱う医療機器の違い、未経験領域のため知識習得に時間が掛かっても、その見返りとして高年収が実現できるなら、高い向上心と共に仕事に臨めると思います。

逆に『収入は上がらなくても、楽な仕事がしたい』と思っていれば、高年収の職場はリスクが高くなりますね。

20代〜30代前半で収入アップの事例が多い

実際の転職成功事例を見ると、20代〜30代前半で収入アップするケースが多いようです。30代後半〜40代以降の転職では、給与よりも働きやすい環境を希望して転職する方が多いようですね。

中でも年収アップが期待できるのは、医療現場での症例サポート実績、ドクターとの強いコネクション、医師やコメディカル・特約店とのネットワークを築いている方です。

医療機器メーカーは民間企業ですから、売上確保、利益を上げる必要がありますので、今までの仕事でドクターと強い信頼関係があり、強力なコネクションを築いていれば、自然に良い条件で採用されることでしょう。

特に影響力ある医師との関係が重視されますね。そのような医師とのコネクションがあれば、自社の医療機器導入後、他の医師や病院に勧めてくれることがありますから、必然的に自社の売上げに繋がります。

現在のあなたにどのようなキャリアやスキル、コネクションがあるかによっても転職後の年収は変わりますが、まずは医療機器業界に強い人材紹介会社に登録した上で、担当のコンサルタントに相談してみて下さい。

手厚いサポートであなたの転職を支援してくれますよ。

日本最大規模の求人を抱える【DODAエージェントサービス】はコチラ!