MR 医療機器営業

MRと医療機器営業の違いについて

MRと医療機器営業の違いについて記しています。

MRは製薬会社に勤めて、自社の医薬品の情報提供を行う仕事です。言い換えれば薬の営業マンですね。特に現場で働いているMRの方は、そのように認識していることが多いようです。

対して医療機器営業は、自社の医療機器を売り込み、目標達成する仕事ですね。製品の使用方法、説明、情報提供も行いますし、時には医療機器のメンテナンスや修理も担うことがあります。

医薬品と医療機器の違いはありますが、どちらも病院を対象にした仕事です。

医師とコミュニケーションを取り顔を覚えてもらう、人間関係を築く、ドクターが空いている時間に自社の医薬品や製品の情報提供を行う、そのように扱っている製品の違いはありますが、医師を相手にした仕事内容ということは共通しています。

また、どちらも安全性が重要ですから、充分な知識が必要とされますね。知識は仕事だけでは身に付きませんから、隙間時間に学習したり、自宅で独学で学ぶ必要もあるでしょう。

そのように知識を身に付け、自社が取り扱っている医薬品や製品を営業するという部分も共通しています。

医療機器の方がドクターに営業しやすい?

製品以外の大きな違いとしては、医師との距離感もあるようです。医療機器営業の方が面談時間を取りやすかったり、医局の前で待たなくても面会できる確率が高いと言われています。

その辺りは医療機器営業の習性にもありますね。製品を使ったデモや手術の立会いなど、実物を使ったPRが可能なので、MRより営業しやすい面もあるのかもしれません。

医療機器と違い、「医薬品を一度試してみて下さい」と言うのは難しいのではないでしょうか。医薬品のデモンストレーションも出来ませんよね。

以上がMRと医療機器営業の違いです。転職時の参考にして頂ければと思います。

日本最大規模の求人を抱える【DODAエージェントサービス】はコチラ!