医療機器営業 営業マン

医療機器営業のトップセールスマンについて

医療機器営業でトップをとるようは人とはどんな人なのでしょうか

もし、あなたがトップ営業マンを目指すならどのようなことを考えますか。

実は一番大切なことは、今自分が営業という仕事に対して頂いている固定概念や考え方をどれだけ変えられるかということなのです。

トップ営業マンといわれる人たちは、自分の仕事について他の人とは異なった捉え方をして日々の業務にあたっているのです。

それが日々の営業活動や実績に結びついているといえるでしょう。

まず、一般的に営業職というとノルマを達成するのが大変で、取引先相手や他の部署に振り回されながら仕事をしなければならず大変だというイメージがつきものです。

でもそのような考え方ではトップ営業マンにはなれないのです。

彼らは、自らの仕事に誇りをもっています

営業職は実はプロデューサー的な役割をもっています。

様々な場所で様々な仕事をしている沢山の人たちをつなぎ合わせ、1つの商品をつくっていく。

医療機器営業の仕事はそのようなダイナミックな仕事をしているわけです。

自分がプロジェクトを仕切って契約というゴールまでどのようなストーリーで、どのような展開で話をもっていくかという気持ちで望むと仕事の内容や人とのコミュニケーションも良い方向へ向かっていくのです。

営業は色々な人にふりまわされる仕事という概念をすて、色々な人を取り仕切る仕事と捉えることができるようになれば、仕事の内容は変わらずとも成果は必ず変わっていきトップ営業マンになれるのです。

日本最大規模の求人を抱える【DODAエージェントサービス】はコチラ!