医療機器営業 資格

医療機器営業の仕事に就くためには?

医療機器営業は指定の資格がないと働くことができないという業務独占型の仕事ではないので、仕事に就くために資格を必ず持つ必要は特にありません

しかし、営業という仕事柄、いくつもの取引先を1日に何件も営業に回りますので地域によっては自動車の運転免許が必須な場合がありますので普通自動車の運転免許を持っていない方は検討した方が良いでしょう。

また、医療機器営業のメーカーなどでは外資系の企業も最近多くなってきています。

そのメーカーで管理職まで昇進した際には本国との連絡なども必要になる場合が増えてくるそうですので、将来性を考えると英語の能力も必要になってくるでしょう。

英語ができると、通常の営業活動においても海外の医療雑誌や論文が読めるので新しい情報を収集したり、学習したりすることにも必ず役に立つはずです。

転職などを考えている人の場合だと、前の職場での実績などを考慮して採用される場合が多いようです。

特に前の職種が営業職だった場合は、その営業実績がどれくらいのものだったかが採用の合否をきめるポイントになりますので一度ご自身の営業成績がどうだったかを整理してみても良いでしょう。

同業種の場合は、高い専門知識が既に備わっているので条件的には有利ではありますが、知識だけではなく業績がどうだったかという部分については異業種からの転職と同様厳しいチェックがはいるようです。

応募書類や面接で自信をもってPRできるような過去の実績があれば働くための条件は備わっているといえるでしょう。

日本最大規模の求人を抱える【DODAエージェントサービス】はコチラ!