医療機器営業 給与

医療機器営業の給料について

医療機器営業の給料や年収はいくらぐらいでしょうか。

勤務地や勤務年数によって異なりますが大体年収360万〜600万ぐらいだといわれています。

医療機器営業の企業には2つの種類があることをご存知ですか

給料や年収は、この企業形態によっても異なってくるのです。1つは、外国の医療機器メーカーの営業です。

この場合は、給与の算定基準が固定給ではなくインセンティブ方式になっていることが多いようです。

つまりは、どれくらい受注額の契約をとれたかという成果に応じて報酬が決まるという方法です。ですから、販売すればするほど年収は上がっていくということになります。

国内の医療機器メーカーの営業

2つめのタイプは国内の医療機器メーカーの営業です。

この場合は成果報酬も含まれますが、大部分は固定給で営業実績に関係なく一定の給与が支給される企業です。

外国の企業のほうが、成果報酬方式を採用する場合が多いことから、給料や年収は国内メーカーよりも比較的高い表示となっています。

自分の営業力に絶対的な自信がある人や自分の力がどれくらいのものか挑戦していきたい人などは外資系企業へ転職するものが多いようです。

仕事内容に医療関連の専門知識が欠かせないことから、営業する者にもある程度の学力は必要です(高校〜大学卒業程度)

また、日ごろから医療従事者や医師との関係を良好に保つためある程度のコミュニケーション能力も必要ですから、他のサラリーマンと比較すると給料や年収は若干高い傾向にあるようです。

日本最大規模の求人を抱える【DODAエージェントサービス】はコチラ!