医療機器営業 志望動機

医療機器営業の志望動機に関して

履歴書に記す志望動機に悩んでいる方も多いと思います。特に医療機器営業の世界は薬事法の規制を受けますから、細かな言い回しにまで気を付ける必要がありますね。

言葉足らずな部分や、読み手に誤解を与えそうな部分に気を付けながら、なぜ医療機器業界を志望しているのか? 多数の医療機器の企業がある中で、なぜその会社なのか? を考えて記すと良いでしょう。

志望動機や自己PRを考える際、常に念頭に置きたいのが、『読み手である採用担当者の気持ちを考える』ということです。採用担当者は多数の履歴書・職務経歴書に目を通しています。こちらが思う以上に、履歴書から様々な情報を読み取っているはずです。

そのような中で、あなたの履歴書・志望動機をアピールするには、『この文章を読むことで相手はどう思うか?』をしっかり考えるようにして下さい。

その医療機器会社の給与に惹かれて志望する場合も、「御社の給与額が魅力的だったので働きたいと思いました」という志望動機では印象が悪いですよね。

また、給与や年収だけで医療機器営業の仕事に就きたい、その会社に転職したいと考えることはないと思います。

仕事のやり甲斐、充実感、その医療機器会社の方針や経営理念、製品の良さ、口コミ、評判など、様々な条件を加味した上で、転職したいと思ったのではないでしょうか?

そのような思いを真摯に、謙虚に、ストレートに記すことが良い志望動機に繋がりますよ。

人材紹介会社を利用するメリット

もちろん志望動機を考える際は、その医療機器会社の求人項目やサイト情報にしっかり目を通して下さいね。情報収集しないで志望動機を考えた場合、採用担当者は「他の会社でもいいんじゃないの?」と思います。

なぜ、その医療機器営業の会社が良いのか? どのような思いで転職したいのか? を真剣に考えるようにしましょう。相手の立場になって真剣に考えれば考えるほど、良い志望理由が出来上がるはずです。

尚、人材紹介会社に登録することで、在籍しているキャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書をアドバイスしてくれます。

なかなか自分ひとりで志望動機を考えるのは難しいと思いますし、第三者の客観的な添削が入ることで、より洗練させた志望理由になりますから、ぜひ人材紹介会社に登録されてみてはいかがでしょうか?

人材紹介会社は無料で利用できますので、今すぐ登録されることをおすすめ致します。

日本最大規模の求人を抱える【DODAエージェントサービス】はコチラ!