医療機器営業 仕事

医療機器営業の役割・仕事内容

医療機器営業の仕事の内容をみていきましょう。

自分の担当エリア内の病院や医療機関に自社製品を売り込み、売り上げ目標を達成します。製品の使用方法説明や情報提供も行ないます。既存の顧客への営業(ルート営業)のこともあれば、新たに取引先を開拓する必要もあります。

取り扱い製品は医療器具系の消耗品などの小物から、CTスキャンやMRIなどの大型の装置まで様々です。製品の納入は可能なものはひとりで行ないますが、ひとりで手に負えない大型装置の場合は取り次ぎ代理店との協力体制によって納入することになります。

医療機器という安全性が求められる製品であるだけに、その製品に関わる十分な知識が必要とされます。このあたりが業界未経験の転職者にとって敷居が高い点にはなっているものの、製品のことを学ぼうという意欲があれば他の業界の営業と大きな違いはありません。

ただし、医療機器業界は外資系の企業が多く、英語力が必要とされることもあります。

基本的にどの業界の営業職でも拘束時間が長く接待も多いのが特徴で、帰宅が遅くなりがちです。

また、全国各地で営業活動を行なう必要性があることから、出張や転勤があることも覚悟しなければなりません。医療機器営業への転職を決める際は、その点を十分考慮したうえで決定しましょう。

しかし、経験や実績を積んいくことで仕事の幅はさらに広がり、新プロジェクトの立ち上げなどにも参加できるようになり、場合によってはマーケティングに転進することも可能です。医療に貢献する気持ちが強い方にはとてもやりがいのある仕事でしょう。

日本最大規模の求人を抱える【DODAエージェントサービス】はコチラ!