医療機器営業 転職

医療機器営業の面接の注意点

面接は、応募者が面接担当者によい印象を与えて自分を売り込むと同時に、「この企業で働けるか?自分に合った企業であるか?」という点をリサーチする場でもあります。

どの職種や企業であっても基本的な点は一緒ですが、医療機器営業の転職に特化した点も盛り込みながら、面接の概要を把握しておきましょう。

面接では第一印象を良くすることが大切です。もちろん第一印象だけで決まるわけではありませんが、「人は見た目が8割」とも言われており、表情、身だしなみ、振る舞いで、その人の印象が決まってしまいます。

何よりも医療機器営業の面接では医療に携わる一員として、清潔感や身だしなみ(態度や動作も含む)は重要視されます。営業は会社の顔ともなってしまうので、信頼感を与えられるよう心がけましょう。

面接ではよく「笑顔を心がけましょう」と言われていますが、緊張してしまって難しい場合もあるでしょう。しかし、口角を上げ、自然に落ち着いた感じを意識することで、硬い表情からゆったりした表情を作ることができます。

質問に対しては、丁寧な言葉遣いで、落ち着いたしっかりしたしゃべり方で答えます。

面接時の受け答えについて書かれたマニュアル本やサイトもたくさんあり、それらに記載されている例文をそのまま言う人もいるようですが、マニュアル通りの受け答えは心がこもっていないため、すぐに見破られてしまいます。

多少つかえても自分の気持ちを正直に伝えることで、懸命さが伝わり好印象をあたえることができます

日本最大規模の求人を抱える【DODAエージェントサービス】はコチラ!