医療機器営業転職 採用

医療機器営業転職の採用と求人

医療機器営業への転職で気になるのが最近の採用事情です。

医療機器営業は他業界の営業職とは異なり、医療に貢献するという特殊性から、自社製品に対しての専門的な知識や即戦力が求められます。それだけに業界経験者の転職の方が有利といえるでしょう。

ただし、20代〜30歳くらいの若手であれば、「医療機器業界未経験者歓迎」とする求人も多く見られます。

ただしその場合、これまでの実績やスキルをどのように生かせるのか?をアピールすることが重要になります。

他業界でも高い営業成績を残した人を採用する傾向があるので、達成目標や売り上げ順位などの数値はかなり重視されます。

中堅&管理職クラスの募集について

中堅クラスになると医療機器業界での経験者が求められます。

その中でも、過去に経験した業務と転職先企業で行なう業務の領域(診療科目や製品等)が近いほど、これまでの経験を生かして強力な即戦力となるため、有利に働きます。

しかしたとえ領域は異なってもあきらめることはありません。新しい知識をどんどん吸収する積極性や意欲を見せることで、十分に可能性が広がります。

管理職クラス(営業リーダー、営業部長、事業部長、役員クラス)の求人数はぐっと少なくなります。

管理職の役割は自社の人材を育て昇進させ、企業を安定させることです。

組織としてすでに安定している企業であれば、退職補充のための採用が稀にある程度です。ただし医療機器業界は企業の買収や組織の再編が激しいため、そういった変動を機に、管理職候補の募集をかけることもあります。

日本最大規模の求人を抱える【DODAエージェントサービス】はコチラ!