未経験者 医療機器営業へ転職

未経験から医療機器営業へ転職するには?

年々と転職や就職が厳しくなっていますが、高齢化が進む中、医療や福祉に関連する仕事の需要は今後ますます増えると予想されます。

医療の仕事には、医師や看護師など直接的に医療に従事する仕事と、医療現場で使用する機器や薬品などの製品を通して、間接的に医療に貢献する医療機器業界の仕事にわけられます。

医療機器業界の仕事は医療に関する専門的な知識が求められるため、業界未経験者にとっての転職は敷居が高いと思われがちです。

もちろん専門の資格や経験がないと関われない職種もありますが、職種や年齢層によっては業界の未経験者も歓迎しており、求人も多くあります。

また医療機器業界での仕事は「人の生命を預かる」という側面が強く、医療に貢献する気持ちが強い人にとってはチャンスの場となっています。

未経験者も多い医療機器業界

医療機器業界の職種は、営業、開発、マーケティング、薬事、品質管理、安全管理等、クリニカルスペシャリスト、エンジニア等があり、職種によって業界経験者向きの求人、未経験者向きの求人に分けられます。

医療機器営業は20代〜30歳くらいまでの若手であれば、業界未経験者でも活躍できる職種です。

実際にメーカー、金融など、全くの別業界の営業から転職し、活躍している人が多いと聞きます。

取扱い商品が医療機器となるため、医療に関する知識が必要となりますが、意欲があれば入社後の研修や実務を通して身についてくるものです

もしあなたに営業経験があるのなら、今後ますます需要が見込まれる医療機器営業への転職という案も考慮に入れてみては?

日本最大規模の求人を抱える【DODAエージェントサービス】はコチラ!